読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2015 F1 最終戦 アブダビGP 決勝。ロズベルグが3連勝

今年のF1もいよいよ最終戦。

夕日が沈む中でF1の2015年シーズンも終わりを迎えるというのはなんとも乙なものです。

 

そんなアブダビグランプリ最終戦でしたが、今週末の流れがそのまま反映されたという感じでした。

ロズベルグがハミルトンを抑えて優勝。途中、ハミルトンがロズベルグに迫る場面もありましたが、自分が前にいるから先にタイヤ交換できる、そしてチームは同じストラテジーを選ぶのが確定している。

ロズベルグからは余裕も感じられました。

ハミルトンも決して悪い走りではなかったですが、同じチームというのが不利に働きましたね。仕方ない。メルセデスも2人に変な揉め事を起こしたくないですし。それはモナコGPのあの失態で十分です。

 

昨日の予選でQ1落ちしたベッテルですが、レースペースが非常に良く、終わってみれば4位フィニッシュ。前にはメルセデス2台とライコネンしかいない。

非常に優秀な走りをしました。

 

あとは、もう経済的にレースするのも精一杯どころか無茶なロータスチームのグロージャンが最終戦でもポイント獲得です。

ロータスのマシン、パワーユニットだけでなく車のポテンシャルは高かったんだろうなあと思います。ほとんどアップデートできなかったのにポイント獲得。

 

マルドナードは今回もリタイア・・・・・・。アロンソ側にペナルティでましたけど、この人はなんかリタイアの神様というか悪魔に憑かれているのだろうか。

 

忘れてはいけない、ペレス5位。ベッテルに抜かれてしまいましたが、ダウンフォースに劣る分、タイヤの性能劣化が激しかったようです。

 

そんなこんなで結構面白い決勝レースでした。中段はオーバーテイクもたくさんありましたし。

でも、メルセデスフェラーリが他のチームを完全に引き離しているというのは、なんというか今シーズンの2チームの強さを物語っている気がしましたね。

 

ロズベルグはメキシコ、ブラジル、アブダビと3連勝。

ハミルトンがチャンピオンを決めてからのレースは全勝。

彼の中で何か肩の荷が下りたのか、それともハミルトンが不調なのか。

もっと早くこの速さを見せてくれよとロズベルグに言いたいですが、チャンピオンがかかってたら違ってくるのでしょうかね。

来年もこの調子でロズベルグはハミルトンと勝負してくれるといいんですけど。

 

アブダビGPの決勝レースの見どころだったのは、終盤でのロズベルグとハミルトンの無線でしたかね。

ハミルトンがパワーモードStrat 6でロズベルグを追い詰めようとしていましたが、どうやらそれは独断だったようで、チーム側からStrat 10にしないとロズベルグもStrat 6を使わせるぞと言われていました。

結果、ロズベルグはStrat 6にしてハミルトンに追いつかせない速さになり、ハミルトンも諦めてチームの言いつけを守ったようです。

 

それと、トワイライトレースやナイトレースだと、ステアリングのモニターが見やすいのがいいですね。

予選とかで何が表示されるのか各チーム見てるのが楽しい。

回生エネルギーの使い方とかもわかるし。

これはV8時代にはなかったことなので面白いですね。

 

そういえば2017年に車体のレギュレーションが大幅に変わるようです。おそらく2009年以来の改革です。どんな見た目になるんでしょうね。