読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

SUPER GT 最終戦。MOTUL GT-R 松田次生・クインタレッリがチャンピオン

SUPER GTの最終戦がツインリンクもてぎで開催され、MOTULの松田次生、ロニー・クインタレッリコンビが2位を獲得し2015年のシリーズチャンピオンに決定しました。

おめでとうございます。

 

GT500クラスの今日のレースは本当に最後の最後まで接戦でしたが、レコードライン以外が濡れていたこともあってオーバーテイクが難しく、インパルは結局MOTULに追いつけず、勝負が決まった感じでした。

今日のレースはまさにスーパーGTという感じで面白かったです。

 

一方GT300はプリウスが終始圧倒。

本当に同じカテゴリなのかというほどの速さでしたが、それでもチャンピオンはGAINER GT-Rに決まっていますので改めてSUPER GTの難しさというのを実感しましたが、GT300クラスにおけるハイブリッドカーの性能調整は難しそうです。

 

それにしても松田次生選手、ロニー・クインタレッリ選手、そしてNISMOGT-R、シーズン通して強かったですね。

MOTULやインパルのGT-Rはシーズン中盤ハンデで重くなっていたり、流量制限がついても上位に来るのが凄かったです。