読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2015 F1 ベルギーGP ロータス3位!!

スタートの波乱。

圧倒的なメルセデスのペース。ハミルトンが今季6勝目。

決勝で、ミディアムタイヤで52秒台とか・・・。異次元の速さとはこういうことか。

 

ベッテルのタイヤバースト。

ルノーへの売却が進むロータスロマン・グロージャンの3位表彰台。グリッドペナルティからの3位は凄い。

序盤でヒュルケンベルグサインツマルドナードにトラブル。

さらに3位も夢じゃなかったリカルドもトラブルでリタイア。

 

スタート直後は一時ハミルトンにも迫ったペレスは5位。大健闘だけどちょっと悔しい5位ですかね。

 

ロータスはチームの財政状況が厳しい中で、セットアップの良さなのか3位表彰台。グロージャンにとっても久々のポディウム。

数年前とは違うグロージャンの成長した姿という感じがしました。

ケメルストレートでのスリップストリーム&DRSで348km/hは凄まじかった。これがメルセデスPUなんですねえ。"strat 7"モードですか。

 

フリー走行ロズベルグに起こったのと同じ右リヤのタイヤバースト。ベッテルは表彰台もポイントも逃しました・・・。さすがにあれだけの周回数はもたなかったようですね。

 

メルセデスチームが圧勝でしたが、やはり表彰台争いとポイント争いは熾烈を極めました。バトルが多くてなかなかに面白いレースでした。

それにしても、レッドブルダウンフォース削って最高速伸ばしたセッティングが功を奏しましたね。ストレートでフォース・インディアオーバーテイクできるだけの速さがありました。リカルドは残念だったクビアトがやってくれた。

 

ウィリアムズはタイヤを1箇所だけ付け間違えるという珍事もありました。

ドライブスルーペナルティなんですねあれ。